//昭和生まれの木を労り、 平成最後に次世代の木を植え、 新しい時代に持続可能な国造ゆずを継承する円卓会議

昭和生まれの木を労り、 平成最後に次世代の木を植え、 新しい時代に持続可能な国造ゆずを継承する円卓会議

「農薬を使わないゆず栽培がつなぐ縁を大切にして暮らすまち、ゆずの香りが人を幸せにしているまち」

そんな“ゆずいろの国”とでもいうべき、この国造地区のゆず畑と里山の光景、そして、そこでの自然を楽しむ暮らしが、あらためて注目されています。

自然との共生を特に飾らず、当たり前のように継承し、そこに暮らしている人たちが楽しんでいることこそが、実は一番の価値であると県内外の専門家も関心を寄せています。

この価値こそが一番の宝と考え、平成29年度に「国造地区ゆたかなくらし協議会」を設立し、様々な方に発信してきました。

その国造ゆずをテーマに、それぞれの専門家たちが「ゆずいろのくに国造」の一員として多彩な分野で国造ゆずとその暮らしの価値を伝えてくれています。

その活動報告として、地元の方々に、専門家から見た価値や評価、魅力をお伝えします。「国造ゆず」に興味がある。「ゆずいろのくに国造」に自分も参加してみたい。
そんな方は、ぜひお気軽にご参加ください。
私たちと国造ゆずを世界中の皆様に喜ばれる存在に育てていくためのご意見もお待ちしています。

なお、会場の関係上、ご参加は申込先着順とさせていただいております。
詳しくは下記または添付案内チラシをご覧ください。

<概要>

日時:3月12日(火) 11:00~15:00

場所:国造コミュニティセンター 2 階 和室 (能美市和気町い 62 番地)ほか

内容:

第1部 平成最後に次世代の木を植える【申込のこりわずか】

11:00ー 国造ゆず団地の見学と、初の「次世代木」の植樹を行います。〈現地集合〉

第2部 自然を楽しむ暮らしを体験「国造の恵みの試食会」【申込のこりわずか】

12:20ー 国造の「お粥」と幻の「完熟ゆずみそ」を味わいましょう。

第3部 「ゆずいろのくに国造」の活動報告(発表内容は変更・追加されることがあります)

13:00ー 発表内容

ー庭先ゆずと国造ゆずのブランディングについて
ーキャライノベイトの展示会で国造の発信と訴求効果/新連携のご提案
ーアロマオイルの可能性と新商品企画アドバイス/連携のご提案
ー地元企業と取り組むゆず皮を用いた新製法、新素材の開発の経過報告

それぞれ申込先着制(20名さま)
国造ゆず団地の場所がご不明な方は、国造コミュニティセンター前に10時40分までに集合してください。10時45分に出発予定です。

申込・お問い合わせは、こちら

────────(下記すべての項目を入力の上送信ください。)──────
・氏  名:
・氏名(ふりがな):
・住  所:
・電話番号:
メールアドレス:

案内チラシのダウンロードはこちら

この記事をシェアしよう
森進太郎

書いた人

国造地区ゆたかなくらし協議会会長。石川県在住。国造ゆずとそれを取り巻くライフスタイルに惚れ込み、産業化を支援できないかと模索している。商品企画会社を経営する経験を生かし、国造地区のキーパーソンとともに商品開発に携わったり、都市部のクリエイターを招聘し、国造ゆずのブランディングに取り組むなど、多彩なプロデュース活動を行う。